ぶれすと尻手ほいくえん ハロウィン | ぶれすとほいくえん

ぶれすと尻手ほいくえん ハロウィン

10月31日は行事“ハロウィン”がありました。
みんなオバケやお姫様・キャラクターや動物に仮装して、元気良く登園しました。

 

当日は、仮装した姿でクラスごとに園から出発です。

 

 
 
 
 
 
 

 

 

3、4、5歳児クラスの子ども達は、近所の保育園と交流会を行いました。仮装を見せ合ったり、画用紙や折り紙で作った手作りのお菓子を交換したりしました。

 

 

 

 

0、1、2歳児クラスは、それぞれ地域の商店へ元気良く訪ねて行きました。
みんなで声を揃えて「トリックオアトリート!!」
お菓子をもらう事が出来、大満足の様子の子ども達でした。もらったお菓子は、自分達で作ったバッグに入れました。

 

 

 

3、4、5歳児クラスも交流会後、近所の床屋さんへ向かいました。
「Trick or Treat!!」と元気良く声を出して、一人一人お菓子をもらいました。

 

 

 

0、1、2歳児クラスは、次は公園に向かいました。
「あれ?なんか怖そうなのがいる…」と怖がっていた子ども達もホッと一安心。サメになっていたのはジョン先生でした。
ジョン先生からもお菓子をもらってニコニコ笑顔の子ども達でした。

 

 

 

園へ帰ると「あれ、園長先生が魔女になってる…!」と少しびっくりな様子の子ども達でしたが、
「トリックオアトリート!!」と元気に声を出し、お菓子をもらう事が出来ました。

 

 

 

 

床屋さんから帰って来た3、4、5歳のお友達は、「あれ?園の前に何かいるぞ…」と
恐る恐る近付き、声を揃えて「Trick or Treat!!」園の前でサメになっている
ジョン先生にお菓子をもらいました。

 

 

 

そして園の中では、園長先生に「Trick or Treat!!」

またまたお菓子をもらった3、4、5歳児クラスの子ども達でした。

 

 

 

 

午後は、”ハロウィンってどんなお祭りなの?”を先生達がペープサートのお芝居で分かりやすくお話しました。
「なるほど、なるほど。」とみんな真剣に見ていました。

 

 

 

 

そして、お菓子を入れた手作りバッグも発表し合いました。
「私はかぼちゃのバッグを作ったよ。」「ぼくは絵の具を使って作ったよ。」と、それぞれ素敵なバッグを見せ合いました。

 

 

 

 

最後に元気良く“おばけなんてないさ”の歌をうたいました。

 

とっても楽しかった様子の“ハロウィン”行事。
たくさんの大人の人からお菓子をもらえて、「ハッピーハロウィン!」と大満足な様子で帰って行きました。
来年もまたお菓子をもらったり、園外でいろいろな人と会ってお話出来る事を今から楽しみにしている尻手ほいくえんの子ども達です。