白鳥ほいくえん | ぶれすとほいくえん
子どもたちは無限の可能性をもってうまれ、そして育っています。保育理念である『まなびがあそびであそびがまなび』。子どもたちは、遊びを見つける天才です。保育士のちょっとした働きかけで自分たちで遊びを見つけ、それが自然とまなびにつながっていきます。その小さな働きかけの一つ一つを大切に、生きる力・考える力をはぐくめるようにしていきたいと思っております。

また、少人数の保育園ならではの良さを生かし、一人一人の子どもたちの成長をスタッフ全員が見守り、きめ細かな保育を行っています。異年齢での関わりを通し、お互いへの「思いやりの心」が自然と芽生えていき、幼児期になってくると友達同士の言葉のやりとりの中でお互いに刺激し合い、競争し合い、お互いを思い合い、たくさんの経験の中でひとつひとつ成長し、その成長した姿がなにより楽しみです。

子どもたちがたくさんの「好き」を見つけながら、保育者が日々共感し、認め合い、子どもたち自身が「自分が大好き」と思える“自己肯定感”を身につけられるよう、スタッフ一同保育に携わっております。子どもたちや保護者の方、地域の方、スタッフからいつまでも愛される〝ぶれすとほいくえん〟を創りあげてまいります。

ぶれすと白鳥ほいくえん
園長  福島 麻里子
         
神奈川県川崎市麻生区白鳥3-5-1
小田急多摩線「栗平駅」より徒歩1分
園の見学、その他お問い合わせは
下記までお気軽にご連絡くださいませ。